ACS 総合建築施工のアークス

技術力

居心地と使い勝手のよさを左右する内装
細かいところに目が届く気配りと
イメージをカタチにするセンスと技術力が物を言う

空間づくりの仕上がりを決める「内装」。見た目にも美しい空間は、内装工が自らのセンスを活かし、イメージをカタチにする技術力によってつくりあげるものです。内装工の技術の良し悪しが、建物の完成度を左右するとも言えます。

内装の仕上がりは、建物内の雰囲気やクオリティを左右するため、建築やリフォームにおいて大きな役割を果たします。新築工事やリフォーム時だけではなく、賃貸マンションやアパートの原状回復を行う際にも内装工事が必要です。

アークスでは、自ら施工も行うからこそ、センスと技術力の重要性を理解し、様々な職人との連携を通じて、お客様のご要望に対応しています。


ACSの技術力を支える職人(プロフェッショナル)たち

ひとくちに「内装」と言っても、その業務は多岐にわたります。天井や壁の下地組み立て、クロス貼りなどの壁装、建具工、電気工事、配管工事など、それぞれの専門性が高く、材料なども色やサイズ、デザインなど多様になってきているため、それぞれの分野の職人が作業に当たります。

アークスでは、職人のネットワークを駆使し、それぞれの分野のプロフェッショナルと連携して業務を行っています。もちろん、自らも現場で施工に携わり、仕上がりをチェックし、質の高い建物・空間づくりをご提供します。

  • 鋼製下地組立工
    鉄骨材で作った骨組みの上に建材を張り、天井や壁の下地となる基礎部分を作ります。
  • ボード張り工
    下地の上から石膏ボードを張ります。防水ボードや2枚張りなど、要望に合わせた施工をします。
  • 塗装工
    ボードを張った天井や壁にクロスなどの壁紙を貼ります。美しく仕上げるためには経験が欠かせません。
  • 床張り工
    フローリング材やタイル、畳を敷くための下地となる床材を張る作業です。
  • 床仕上工
    床にタイルやシート、畳などを敷きこむ作業を行います。美しく仕上げるために技術が必要な工程です。
  • 天井仕上工
    専用の石膏ボードを張って天井を仕上げます。吸音性能のあるボードを使うこともあります。
  • 塗装仕上工
    壁やドア、天井などに塗装を施す作業です。材質に合った塗料を選び、ムラなく仕上げていきます。
  • サッシ工
    正確に計測し曲がりや歪みのないようにサッシの取付けを行います。
  • 建具工
    ドアや障子、ふすま、網戸、雨戸などの取り付けます。長持ちするように施工します。
  • 左官工事
    壁に漆喰やモルタル、壁土などを塗りつけます。仕上がりが美しくなるよう丁寧な作業が求められます。
  • 電気工事
    照明設備やコンセント工事、建物内への引込線工事など電気を取り扱う作業です。
  • 電気通信工事
    データ通信、電話、テレビなどの放送機械などの設備を設置します。
  • 管工事
    冷暖房や給排水などの設置の他、オフィスや店舗に必要なガス、水道、油の配送設備工事を行います。
  • 防水工事
    アスファルトやモルタル、シーリング材等で防水工事を行います。
  • 消防施設工事
    火災警報設備やスプリンクラー、非難設備など消防施設を取り付ける工事です。
  • カーテン・ブラインド工
    カーテンレールやブラインドの設置を行います。採光や遮光、目隠しが機能するように慎重に設置します。
  • 畳敷き工
    畳を美しくきちんと寸法に収めて設置します。今日では様々なサイズがあり、知識が必要な作業です。
ACSアークス5つの実現力
技術力
計画力
提案力
機動力
対応力

▲ 先頭にもどる