ACS 総合建築施工のアークス

業務内容

アークスは、店舗やオフィスの内装工事を中心に、空間づくりに関わることならどんなことでも、デザイン・設計から施工までをトータルに請け負います。お客様がまた来たいと思える店舗空間、働く人が快適で業務に集中できるオフィスなど、空間に価値を与える施工と、的確な施工管理で、発注者様のご要望にお応えします。

施工管理とは…

ひとつの建物が完成するには、実に多くの人の手が関わっております。
内装工事だけでも平均して10~20社が関わっているのです。それぞれが専門領域の違うプロフェッショナルであり、それらの会社の力が結集して、内装工事は成り立っています。それらの窓口となり、全てを一括で管理・機能させることが私たちアークスの腕の見せ所です。

昔 大工一人でこなしていた作業は、現代ではあらゆるパーツに細分化され、その各々がプロフェッショナルな仕事をこなしてゆきます。どんなに素材や技術が進歩しても、それらを束ねて一つにまとめる力が無ければ、建築物は成り立ちません。また、トータル的に全体をコントロールすることで、コストの削減や作業時間の効率化もはかれます。

施工の流れ

  • 1. 建築図面・設計書をお預かりする
  • 2. 図面をもとに資材の必要数量を計算
  • 3. 作業費を含めた工事実行予算の見積りを作成
  • 4. 職人の手配・管理
  • 5. 資材の発注業務
  • 6. 現場監督と工期・工程の打合せ
  • 7. 工事予定表の作成
  • 8. 各職人がスムーズに作業ができるように段取りをする
  • 9. 職人の作業に不備(手抜き)がないかを検査
  • 10. 工事終了時の全体検査
  • 11. 契約工事以外の工事の確認
  • 12. 費用の清算
  • 13. 各職人への費用の支払い

これらの工程を円滑に進め、お客様のご要望に応えるため『5つの対応力』を意識し、それらを高めていくことで、よりよい施工ができるように努めております。

アークス5つの対応力

▲ 先頭にもどる